名古屋金山- 社労士TRiUMPHブログ

このブログは、社労士法人トライアンフの活動内容や労務管理のポイントなどを情報発信するブログです。本ブログは、名古屋市にある社労士法人TRiUMPHによる運営です!

男性版産休(=改正男性育休)とは?いつから?導入に備えてやることは?

f:id:kaikei17:20210718161551p:plain

 

こんにちは。名古屋・金山の社労士法人TRiUMPH(トライアンフ)です。

 

突然ですが、昨今話題の「男性版産休」って、皆さんは聞いたことありますか?実はこれ、「男性にも産休取得を義務付ける」ということではありません。「男性にとって育休制度がもっと使いやすくなる」ということなのです。どのように法律が変わったのか、解説していきます。

 

目次

 

法改正の背景

 

女性にとって出産は、命がけのライフイベントです。赤ちゃんが生まれてから1か月間は、2~3時間おきの授乳や頻繁なおむつ替えが必要。ただでさえ出産でへとへとなのに、ママは慢性的な寝不足と疲労に苛まれることになります。ママ一人で新生児の時期を乗り越えるのは、困難です。でも、パパの協力があれば、ママの負担が減るかもしれません。

 

現在の育休制度は、育休に入る1ヶ月前までに会社に申し出なければならないなど、男性にとっては使いにくい制度でした。また、男性が分割して育休が取れるのは2回まででした。ママの産後8週間以内にパパが育休を取れば、お子さんが1歳になるまでに(原則)もう一度育休が取れる制度、これをパパ休暇といいます。今回の法改正では、このパパ休暇に加えて、赤ちゃんが生まれて間もない時期に、男性が育休を取りやすくする制度が拡充されるのです。

 

男性版産休(=法改正された男性の育児休業)とは?

 

2022年(来年)秋ごろから、男性は、お子さんの誕生後8週間以内に、合計28日の育児休業を2回に分けて取ることができるようになります。しかも、会社への申出は2週間前で大丈夫です。これは、今まで育休制度にプラスしてできた制度ですので、1歳になるまで(原則)2回に分けて育休をとること(いわゆるパパ休暇)を妨げるものではありません。

つまり、男性はお子さんが1歳になるまで(原則)4回にわけて育休を取ることができるようになるのです。

 

f:id:sadhi:20210703132342p:plain

出典:『育児・介護休業法改正ポイントのご案内』厚生労働省

 

例えば、こんな使い方ができます。

 

(1回目)お子さんが生まれた時に、パパも育休を取って喜びを分かち合う。

(2回目)病院からから帰ってきたママが一番大変な新生児期に、パパも育休を取って育児をする。

(3回目)ママが育児で疲れてきた時に、パパも育休を取ってママを休ませる。

(4回目)ママが職場復帰するときに合わせて、パパも育休を取ってママを支える。

f:id:sadhi:20210703132349p:plain

出典:『男性の育児休業取得促進等に関する参考資料集』厚生労働省

 

もちろん、育休として休んだ期間は、雇用保険から育児休業給付金が出ますし、社会保険料は免除になります。給与計算時には、気を付けなくてはならないでしょう。

 

導入はいつから?

 

今回の法改正は、すべての企業が改正の対象です。中小企業であっても待ってくれません。

 

2022年4月(来年春)から義務化されるのは、次の2つ。

・育休を取得しやすい環境を整備すること(研修をしたり・相談窓口を設置するなど)

・男性・女性どちらであっても、妊娠 ・ 出産を申し出たら、個別に育休制度をお知らせし、制度を利用するか確認すること

 

そして、2022年秋ごろから、現行制度にプラスして、「男性版産休」が導入されます。

 

導入に備えて、会社がやることは?

 

2020年4月(来年春)までに、会社がやることは2つです

 

就業規則を改定する

2020年秋頃の新制度運用開始にむけて、就業規則を変えましょう。具体的にどんな規定がいいかは、社会保険労務士にご相談ください。おそらく、厚生労働省就業規則のモデルを発表するでしょう。

 

②育休制度を従業員にお知らせする仕組みを作る

従業員の方に新しい育休制度を知ってもらう研修をしたり、育休制度について相談できる窓口を設置しましょう。

 

両立支援等助成金との関係は?

 

男性の育休については、厚生労働省助成金で後押ししてきました。(両立支援等助成金・出生時両立支援コース(子育てパパ支援助成金))例えば、子どもの生まれたパパが、生後8週間以内に育休をとり始め、そのまま5日以上休んだとき、中小企業であれば57万円が支給されてきました。

今後この助成金が新しい制度の導入に伴ってどう変わるのかは、大注目です。厚生労働省の発表が待たれます。

 

まとめ

 

2022年(来年)秋から、男性は、子の出生後8週間以内に28日まで、2回に分けて育休を取ることができるようになります。

今回の法改正で、男性が育休を取ることが、もっと身近に、もっと当たり前になっていくといいですね。

 

それではまた。名古屋・金山の社労士法人TRiUMPH(トライアンフでした。